Translate

結婚式の写真撮影とアルバム制作

このサイトについて



このサイトについて

このサイトは、稲垣写真事務所が運営いたします結婚式写真撮影とアルバム制作の専門サイトです。おかげさまで今年7年目を迎えました。 これまでたくさんの幸せの現場に立ち合わせていただき、たくさんの幸せの瞬間を撮影させていただきました。
結婚式の写真は、おふたりが新たな人生をスタートさせる一日の記録ですから、明るく楽しく、けれども普段とはちょっと違う素敵な写真、暖かみのある、愛を感じる・夢を感じる写真を撮りたいと思っています。「愛」も「夢」も言葉にすると気恥ずかしいですが、私が写真に求めているkeywordだと思っています。そんな思いをこめたサイト名にも自分自身やっと最近慣れてきたかなという感じです。プロフィールというほどでもありませんが、10数年のサラリーマン生活の後、桑沢デザイン研究所で2年間ですがデザイン・写真を学びました。 その間に撮りためた(取材した)写真と文章13ページほどが、今はもう廃刊となってしまいましたが、アサヒグラフ誌に掲載されました。その後結婚式の写真の世界に入りました。

この仕事の醍醐味は、このサイトを通じてこれまで一度もお会いしたことがないおふたりの、人生の門出を祝う大切な日の写真をお撮りできるということでしょうか。撮り直しができない一日のドラマをできるだけ味わい深いものにするため、可能な限り一日のスタートであるお支度の時間から撮影を開始いたします。おそらく結婚式の当日他のどのスタッフよりもおふたりのそばにいる時間が永いと思います。同じ空気の中でしっかりとじっくりとおふたりの一日を密着撮影いたします。そしてそのデータを元に一冊だけのアルバムに纏め上げることが、撮影を依頼された私の仕事であると考えています。

 結婚式の一日は、あっという間に過ぎてしまいます。ですからおふたりはその時々を楽しんでください。進行や細かなことはすべて会場のスタッフの方に任せて。ふたりがいつも笑顔で会話を交わしている結婚式・披露宴は、会場全体がリラックスしてとても盛り上がるものです。写真もとても撮りやすくなります。どうぞ思いっきり楽しんでください。

(結婚式一日のスケジュールはとてもタイトですが、過去の記事でそのことに触れています。よろしければご覧ください。)

 家族は4人。子どもたちもずいぶんと大きくなってきました。最近は時間を見つけては近くのプールで泳いでいます。1ヵ月20kmを目標にしています。
 

 


持ち込み規制について

持ち込み規制にお悩みの方は多いと思います。商売の観点から言えば止むを得ないのかもしれません。けれども諦めないでください。これまで撮影のご依頼をいただいた中には、とても厳しい状況を乗り越えて写真を撮れる環境を作っていただいたケースがたくさんあります。そこまでされるととてもプレッシャーを感じますが、新婦さんの心意気を感じて頑張らないわけにはいきません。驚くことにそのような場合、会場の方もとても撮影に協力的であることが多く、会場ご担当者のプライドを感じないわけにはいきません。交渉事は正攻法が一番。プロ相手に駆け引きは禁物です。若さの特権は率直さにあると思います。会場の担当の方にしっかりとご自身の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?でもどうしていいかお悩みならご相談ください。これまでの経験からお役に立てるかもしれません。